明日の私は元気な私。

理解も大切

うつ病になると他人に理解されることが難しい症状になりますが、周りからの理解を得ることによって心にゆとりを持つことができます。周りの人の助けがあることで少しずつ症状改善ができます。

READ MORE

気づきにくい症状

うつ病は気づきにくい症状の一つとされており、ただ気分が落ち込むだけではなく、長期的にその症状が続いて日常生活にも支障が出てしまいます。少しでも異変を感じたときは早めに相談することが大切です。

READ MORE

心の病の一つ

脳の働きの低下によりうつ病の症状が起こるという結果が出ています。精神症状と身体症状に分けることができ、人によってはどちらの症状も出ている人がいます。病院は精神科や心療内科で対応しています。

READ MORE

心の風邪

うつは症状や原因によって、治療方法を変えましょう。うつの症状で悩んでいる人に合わせて最適な治療方法を選択しましょう。

これまでのうつ病への治療

うつ病が発見された当時はうつ病はまだ未知の精神疾患でした。 しかし、年がたつにつれてどんどんうつ症状を発症する患者が増えててきました。 ここ最近では、いつ誰がかかってもおかしくない心の風邪とよばれるほどの現代病とよばれるようになりました。 うつ症状への治療は、軽度・中度なら通院をしながら治療を行い、重度となると入院して治療する普通の病気と変わらない対処となります。 しかし、治療の方法は風邪のように薬を飲むだけで治るものではなく複数の方法を組み合わせて治療していく必要があります。 現在行われている一般的な方法は薬による薬物療法とカウンセラーによる認知療法などがあります。 どのような治療が必要なのかは症状によって様々な為、医師との相談が大切です。

今後の症状改善への試み

近年うつ病にかかった患者数が増加するにつれて、病気に対する理解が広がりつつあります。 そして、うつ病に対する研究もどんどん進んできています。 その為うつ病も種類によって細分化されそれぞれ違った治療法による治療が行われるようになっています。 現在も治療の中心はカウンセリングによる認知療法と薬による薬物治療が中心です。 しかし、最近では食事や運動を管理し生活改善によって症状を軽減して直していく食事運動療法。 体に磁気をあてうつ症状によって崩れた血流を改善し直そうとするTMSうつ磁気刺激治療。 このように薬による体の負担を減らしつつ治療していく方法が増えています。 この先研究が進むにつれ安価で早く症状が改善できるようになっていくでしょう。

うつかな、と感じたら

最近気持ちがずっと沈んでいる、今まで楽しいと思っていたことに熱中出来なくなってしまった、気力が出ない…こういった症状が長く続く場合、もしかしたらそれは『うつ』かもしれません。 昔に比べて便利な電化製品などの普及も増え、私たちの生活は格段に過ごしやすくなりました。しかし、労働環境の悪化や人間関係が希薄化し、精神的な負担は日々増していく一方。うつは現代病とも言われています。 うつは身体的な病気と違うから、放っておいても大丈夫。と考えている方は特に要注意です。 最初の例でも挙げたとおり、気持ちが沈み、気力が起きないと仕事等の効率も悪くなります。物事において悲観的になってしまうため、症状の悪化次第では、死に至るケースも珍しくありません。 うつは治る病気です。ちょっとでも症状に該当がある場合には診察に行きましょう。精神科に行きづらい場合は、心療内科に足を運んでみると良いでしょう。 保険証と問診表の記入を行うだけですので、他の診療と受付方法も変わりません。まずは第一歩を踏み出しましょう。

治療を受けるメリット

治療を受けることにより、大きなメリットがあります。 診察の上、医師がその人に適した薬を処方してくれるので症状が軽減します。倦怠感なども抑えられるため、仕事においても普段より効率を上げられるでしょう。また、不眠症なども解消されるため、日常生活を送りやすくしてくれます。 また、悩みを第三者に打ち明けることが出来ます。周りの人にはなかなか打ち明けられないことでも、周りの人と接点を持たない人、そして医師であることからプライバシーは守られます。 うつは放っておくとどんどん症状が悪化します。治療することにより、楽しいことやプラスになることもたくさん増えてきます。少しでもうつかな、と感じたら、早めに医師に相談してみましょう。

うつ病と診断されました

私は心療内科でうつ病と診断されました。かれこれ5年前の話になります。元々気弱で対人関係に不安を抱えていた私ですが、それでも中学時代までは少しあがり症なのだろうと思ってやり過ごしていました。 しかし高校、大学、社会人と人生を重ねるにつれて、その兆候が顕著に現れるようになり、社会生活に不安を抱えるような問題に発展するようになりました。 気分が落ち込み、食欲が湧かず、昼を嫌い、テレビやラジオも嫌う。自然のものばかり好み、他はなにも良いと思えない。そのような症状がどんどん現れてきて、次第に人と会話するのが苦痛になっていきました。会話すると呼吸が上がり脂汗をかくようになってしまったのです。そこからは仕事もやめ、何もやる気が起きない日々を過ごしました。

投薬治療を行なう

うつ病の症状を改善するためには医療機関に通って投薬治療を行なうことが必要です。少しずつ自律神経を安定させることができ、うつ病の状態を完治へ導くことができるのです。

READ MORE

ストレスを発散させる

日常生活でストレスが貯まることは多いですが、それを定期的に発散させないとうつ病になるリスクを高めてしまいます。うつ病は本人次第で早く症状を改善していくことができます。深く考えると余計に状態を悪化させてしまいます。

READ MORE