明日の私は元気な私。

理解も大切

様々な症状が現れるうつ

うつという病気は精神疾患の1つであり症状は一貫して同じという事はありません。 そのため気分的なものと判断されてしまったり意志の問題と決めつけられ他人に理解されることも自分で理解することも難しい病気と思われます。 よく知られているうつの症状として理由がわからないが気持ちが落ち込んでいてやる気が起きなかったり、今まで楽しかったことがなぜか楽しめなくなったりとなんとなくという事から始まってきます。 睡眠障害を引き起こし良質な睡眠をとることができずそれにより規則正しい生活が難しくなる場合もあります。 感情の起伏が激しく落ち着きがなかったり注意力が散漫になり放心状態かと思えば突然イライラしたりとうつの症状として知られているのは普段あり得ることでありこれがうつの症状だから病気なのだと理解するまで時間がかかる場合が多いです。

周りが理解することが大切です。

うつという病気を確実に判断するのはとても難しいものだと思います。 精神的なものと考えて医師に相談することもなかなかできずにいる方も多いのではないでしょうか。 ちょっとした変化を見逃さず積極的に人に係ることで重篤化することを阻止することもできます。 ただ落ち込んでいるだけかもしれない、しかしそれが長く続くようなら話を聞いてあげる。 そして必要だと思ったら周りの人間が医師に相談することを進めてあげる、付き添ってあげる。 そうすることで改善する糸口を見つけることができるのです。 うつは当人だけの問題ではありません。周りの人の助けが必要な病気と考えられています。 うつを改善するには気持ちの問題と見捨てることではなく暖かく見守ってあげる、支えてあげることが重要です。

真面目に治療しましょう

上記のような症状が出たら、うつの可能性があります。 そのような場合は、すぐに診療内科に行きましょう。そしてうつと診断された場合は、しっかりと休養をとりながら治療に専念してください。 私はうつなんて嘘だと思い、長い間にわたり治療を放棄してきました。その結果症状は何もよくならず、これではいけないと思い、それからはしっかりと治療するようになりました。 そこからわかったことですが、うつの治療は自分と向き合う良い機会ということです。自分の中の偏った価値観、偏見、そのようなものから噴出してくるのが弱い心なのだと気づいたのです。私は今も治療中ですが、以前よりも寛容になり、人からも性格が良くなったといわれる事が増えました。うつの症状は偏った自分を見つめなおすチャンスかもしれません。